お知らせ | 漏電救急センター|漏電・停電でお困りの方、浜松市の中山工業におまかせください。

お知らせ

停電が起こった際の対処法とは?

停電が起こった場合、どのような対処をすべきか。
電気の使いすぎによる停電ならブレーカーを元に戻せばすぐに復旧します。
最近はスマートメーターが設置されていて、自動で復旧も可能です。

電気の使いすぎによる停電ではなく、自然現象などがきっかけで停電が続く場合は下記のことを確認しましょう。

・近隣宅の電気はついているか
・火災が発生する可能性のあるものの電源を消す、コンセントを抜く

近隣宅の電気も消えていて、自宅も電気が消えている場合は、地域が限定された停電になっている可能性が高いです。

その場合は特にこちらから何か修理しなくても、いずれ復旧しますので、慌てずに行動しましょう。
それまでは電池でつくLED照明などを準備しておきましょう。
そして停電中は可能であれば火災が発生するものまで足を運び、停止しておくことをお勧めします。

例えばIHクッキングヒーター、ガスコンロ、ヒーター、電圧器具などの停止です。

停電が復旧した後にすぐに再稼働するものもあるので、そういったものを止めておきましょう。

もし自分の家だけが停電している場合は、分電盤やブレーカーの異常が考えられます。
速やかに弊社のような電気復旧業者にご連絡ください。

お問い合わせはこちらから

Copyright © 2022 中山工業 All rights reserved.