お知らせ | 漏電救急センター|漏電・停電でお困りの方、浜松市の中山工業におまかせください。

お知らせ

分電盤の不具合が起こるとどんな事象が発生する?

一般家庭にも設置されている分電盤。
分電盤にはサービスブレーカー、漏電遮断器、安全ブレーカーなどの装置が設置されています。

分電盤は電気系統全体に大きな負担がかかったり、漏電がないかをチェックする機能が備え付けられています。

その中に分岐遮断機が搭載され、1階のリビングの照明、コンセント、空調機など電源を供給する場所に合わせたブレーカーも取り付けられています。

それぞれの場所ごとの回路が設置されていれば、一つの部分だけが停電になってしまっても、他の部分の電気を使用できます。

分電盤の不具合が起こると、自動復帰機能が機能しないことがあります。

最近は電気を使いすぎてブレーカーが落ちても、一定の電気回路を停止させ、復旧させることで再び電気が付いて生活できるようになっています。
スマートメーターが装着されていれば1分以内にすぐに復旧します。

なお、電気の使いすぎによる停電にお悩みなら、契約アンペア数の変更を見直されることをお勧めします。

特にエアコンや暖房機は消費電力が激しいので、各部屋に設置されている場合は見直しを図った方が良いでしょう。

中山工業では各家庭のスマートメーターの設置作業も行っています。
分電盤のトラブル、ブレーカーの交換等をご希望でしたら中山工業までご相談ください。

お問い合わせはこちらから

Copyright © 2022 中山工業 All rights reserved.